管理者からのごあいさつ

仁明会の地域支援のはじまり

 精神障害者が治療を受けるには、精神科病院への長期間の入院が余儀なくされてきました。平成16年に精神保健福祉の改革ビジョンが示され、地域を拠点とする共生社会の実現を目指した施策が提示されてきました。甲山にある仁明会病院は、国有林地帯で社会復帰施設を建設するスペースがなく、症状が安定されると直接地域への退院に取り組んできました。

 長期間の入院中にご家族の世代が変わり、退院の受け入れがない場合は、一緒に住まいを探し、独り暮らしを支援してきました。退院されると生活のしづらさはあっても、「その人らしく」過ごしておられます。平成22年12月に訪問看護ステーションを設立し、生活の場に訪問させていただき、より高いQOLや症状の再発の予防を目指しております。

管理者  前田 幸史