ご利用について

サービス内容

1.統合失調症や感情障害などの精神障害の方々

  • 病気との付き合い方、症状や服薬の自己管理について話し合いながら支援します。利用者様がどのように暮らしていきたいのかを大切にします。
  • 暮らしづらさや対人交流などの困難さは何か、どのように解決すればよいのか支援します。
  • 症状のコントロールに焦点化せず、セルフケアや社会活動ができることに関わります。
  • 再発を予防し、入院が必要な時の見極めをします。
  • やりがいや人の役に立っていることが実感できるよう、生活の質を高めていきます。
  • ご家族や関わってくださる様々な方との連携や支援をします。

2.精神科医療を受けられている認知症の方々

  • 認知症になれば必ず見られる中核症状(記憶障害、日時・場所・人が分からなくなる見当識障害、段取りをする実行機能障害)による日常生活のしづらさを支援します。
  • 中核症状の不適切な対応や、環境の不備からおこる周辺症状へのケアの支援をします。
  • 認知症の原因となる様々な病気によって対応の仕方は異なり、適切な対応方法の支援します。
  • 発症してから長期にわたる病気ですので、病気の進行に応じてご家族の方へのサポートを行います。また、急激に認知症が進行しない方策を支援します。

初期の「物忘れ」→地域生活の支援
中期の「混乱期」→精神科の専門的医療や看護が必要
末期の「寝たきり」→介護が中心

ご利用案内

営業日/月曜〜土曜日
営業時間/午前9時〜午後5時
休業日/日曜・祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)

ご利用料金

自立支援医療の申請に基づき、原則1割負担。ただし、市町村や利用者の医療機関、薬局、デイケア利用によって個々に異なります。
 料金や詳細について不明な点はお気軽にお問い合わせください。

訪問看護をうけるには?

訪問看護利用の流れ

訪問看護利用の流れ